SRT講習 岩壁編

子供ではありません。

子供に見えますが、子供ではありません。

子供でないどころか、九州大学准教授です!
P4190031.jpg

私の大学の同期が講習を受けに来てくれました。
P4200037.jpgP4200047.jpgP4210068.jpgP4210078.jpgP4210083.jpgP4210087.jpgP4210089.jpgP4210091.jpgP4210092.jpgP4210096.jpgP4210099.jpgP4210114.jpg

彼女は、湖底・海底など水中の地形・地質が専門ですが、このたび空中に出ることになったようです。

トンボみたいですね(笑)。

お仕事のご安全をお祈りしております!!
2021/06/09 12:06 Update

オンロープレスキュー講習

年度が明けてから夏が過ぎるまでは、皆さんオンロープレスキューの講習によくおいでくださいます。

日頃は使わない技術だからこそ、頻繁におさらいしておかないと、いざというときには出てきません。

ましてや、もし事故が発生して、いつも一緒に仕事している仲間が意識不明だったり痛がっていたりすると、きっと頭の中が真っ白になってしまうと思います。

「体が勝手に動く」くらい熟練しておかないと、本当のレスキューの現場では何もできないのでは、と思います。

長いお付き合いをさせていただいている静岡の会社のスタッフさんたちが皆さんお越しくださいました!!
P4030001.jpgP4030003.jpgP4030009.jpgP4040015.jpgP4040018.jpgP4040021.jpgP4040024.jpgP4040027.jpgP4040035.jpgP4040042.jpgP4040051.jpgP4040069.jpgP4040080.jpgP4100161.jpgP4100162.jpgP4100165.jpgP4100174.jpgP4100176.jpgP4100182.jpgP4100188.jpgP4110193.jpgP4110195.jpgP4110211.jpgP4110218.jpg

皆さんロープでの橋梁点検の熟練者でおられるので、サブロープがなくても、各種中間セットを超えて要救助者をピッチヘッドまで連れて帰ることができます!

みなさんうまくなられて、うれしい限りです!!
2021/06/04 1:06 Update

オンロープレスキュー講習


2021/05/27 14:50 Update

オンロープレスキュー講習

東京・大阪からオンロープレスキュー講習においでいただきました。

鋼鉄道橋がご専門の技術者の方々に合同で講習させていただきました。

みなさん、橋梁ロープアクセスの熟練者さんでいらっしゃいます。

普段使うことのないレスキューの技術を維持されるために年に一度はおいでいただいております。
DSCN4726.jpgDSCN4731.jpgDSCN4736.jpgDSCN4743.jpgP4050090.jpgP4050094.jpgP4050095.jpgP4050104.jpgP4050105.jpgP4050109.jpgP4060111.jpgP4060116.jpgP4060117.jpgP4060122.jpgP4060124.jpgP4060125.jpgP4060136.jpgP4060137.jpgP4060141.jpgP4060150.jpgP4060157.jpg

また、弊社でも常に新しい技術を開発しておりますので、「今年の新技」的な手ほどきも併せてさせていただきます。

特に今回お越しいただいた方々は熟練の方ぞろいでおられたので、いただくリクエストもハイレベルで、私もタジタジです!!

「すいません! 来年までの宿題にさせてください!」とお願いすることもありました(笑)。
2021/05/25 9:28 Update

出張SRT講習 in 宮崎

宮崎県に出張講習に呼んでいただきました。

フェリーで神戸港第三突堤から出港です。
image0.jpegimage1.jpegimage2.jpg

なんとなんと、消防官の方々や、アーボリストの方に手ほどきさせていただきました。

もちろん皆さん、基軸となるロープテクニックは熟練していらっしゃいました。

それどころか、消防官のお二方はロープレスキューの世界大会に出場された猛者の方々でした!!

そのため、一般的なロープテクニックはもちろんお教えすることがありませんでした。

なので、シングルロープでのオンロープレスキューや、橋梁の桁下で使用する特別な技術をお教えしました。
P3310005.jpgP3310010.jpgP3310013.jpgP3310016.jpgP3310021.jpgP3310026.jpgP3310029.jpgP3310030.jpgP3310031.jpgP3310034.jpgP3310037.jpg

洞窟探検やロッククライミング、ツリークライミングなどの極地探検で使われている技術を基にした応用技術なので、一般的なロープ講習では決してお目にかからないと思います。

救助の現場ではその緊急性から、使えるものは何でも使って、とにかく要救助者にアクセスしなくてはならない場面があります。

最も臨機応変なご対応が要求される厳しい現場でのお仕事と考えます。

お仕事のご安全をお祈りしております。

二日間みっちり手ほどきさせていただいて、帰りのフェリーに滑り込みました(汗)。
image3.jpeg
2021/05/24 7:08 Update
 Home