出張SRT講習

九州に出張講習に伺いました。

様々なタイプの橋梁をご準備いただき、実践にウェイトを置いて手ほどきさせていただきました。

基礎的な講習も実際の橋梁で。
044.jpg001.jpg003.jpg005.jpg006.jpg011.jpg015.jpg018.jpg020.jpg023.jpg033.jpg041.jpg

鈑桁と吊橋で実習させていただきましたので、フックやNRT、スロープチロリアンを駆使して各所へのアプローチを学んでいただきます。
045.jpg052.jpg056.jpg057.jpg060.jpg067.jpg071.jpg075.jpg088.jpg094.jpg100.jpg105.jpg113.jpg

普段からロープを使ったお仕事をしておられるため、アドバンスの技術をスポンジが水を吸うように吸収していただけました。

お見事でした!!

お仕事のご安全をお祈りしております。
2020/08/09 6:51 Update

(社)日本ロープアクセス工法研究会 技術研修会

(社)日本ロープアクセス工法研究会の技術研修会に講師として技術指導に伺いました。

年に一度、全国に散らばっていた仲間たちが集結して今年度のヒヤリハットや改善点を持ち寄ります。

橋梁点検の意識改革や技法の修正・統一などの座学に続いて、ロープ技術の講習となりました。

新たな荷重テスト様式と、墜落に伴う身体への影響を考慮したロープの選択などが今回の主な話題となりました。
002.jpg031.jpg033.jpg035.jpg

後半は実際の橋梁を使ってチームでの救助訓練を行いました。

要救助者をひとりで連れて登る「マオシステム」の改良法や、

桁下の要救助者を直接橋面に搬出したり。
042.jpg044.jpg052.jpg063.jpg074.jpg077.jpg079.jpg093.jpg101.jpg103.jpg109.jpg116.jpg117.jpg126.jpg128.jpgP7122430.jpgP7122442.jpgP7122443.jpgP7122455.jpgP7122465.jpgP7122477.jpgP7122484.jpgP7122495.jpgP7122499.jpgP7122516.jpgP7122547.jpgP7182526.jpgP7182537.jpg

みんなうまくなってくれてせきさんうれしいです!
2020/07/24 20:07 Update

出張SRT講習 オンロープレスキュー

広島のソーテックスさんにオンロープレスキュー講習に伺いました。
001.jpg002.jpg012.jpg

新しいスタッフの方に手ほどきさせていただきました。

ソーテックスさんは自社に訓練施設を整備しておられます。
006.jpg011.jpg021.jpg027.jpg

ホーリング用の要救助者は満水のポリタンクでした。
022.jpg029.jpg037.jpg039.jpg042.jpg051.jpg059.jpg067.jpg

代表とは古くからおつきあいいただいております。
072.jpg

ご安全とご発展をお祈りしております。
2020/07/10 9:03 Update

SRT講習 スタンダード編

お隣の京都府からおいでいただきました。

コンクリート表面の化粧仕上げがご専門とのことで、お仕事対象はすでに足場が外されていることがしばしばなのだそうです。

橋梁ではないSRTを手ほどきさせていただくのは久しぶりです。
006.jpg013.jpg020.jpg026.jpg029.jpg038.jpg046.jpg054.jpg

ご自身でも相当の研鑽を積んでいらっしゃって、ひとこと手ほどきさせていただくと、すぐに体得してくださいます!!

直壁だけではもの足りず、スロープチロリアンなどもご体験いただきました。

092.jpg109.jpg123.jpg125.jpg127.jpg129.jpg133.jpg

これで前傾壁のお仕事も大丈夫ですね(笑)。

お仕事のご安全をお祈りしております。
2020/07/05 14:38 Update

アドバンス編 テキスト改訂

アドバンス編のテキストを改訂いたしました。

特に橋梁で多用するフックの技術を大きく改定・増補しました。

今ではフックは鋼橋にはなくてはならない技術になっています。

しかしながら、今までは、「いかにフックを応用するか」に終始し、ゼロ点扱いの仮設支点であるフックが外れた時にロープユーザーの身体に与える影響をあまり検討していませんでした。

このたび、現場で多用されているフックの主な用法について、フックが外れて墜落した際の身体への影響を検討・考察いたしました。

その結果、「してはいけないこと、しなければいけないこと」「使ってはいけないもの、使わなければいけないもの」が明確に数字で表れました。

001.jpg005.jpg004.jpg003.jpg002.jpg

橋梁でのロープ技術をお求めの方はぜひお越しくださいませ。

自信をもって手ほどきさせていただきます。

また、テキストに関しては繰り返しになりますが、今までロープテックジャパンの講習を受けてくださった方またはロープアクセス技術協会発行の本をお持ちの方には、最新版のテキストをPDF形式でお送りしますので、ご遠慮なくご連絡くださいませ。

ロープを使われる皆さんのご安全をお祈りしております。
2020/06/07 0:53 Update
 Home