出張SRT講習 in 北海道 2

北海道に伺っての出張講習、日を変えて初めてロープを扱われる初心者の方々にもスタンダードコースを講習させていただきました。

出張講習では、座学の場所も普段と異なりますのでかえって新鮮です。
00002.jpg0000234.jpg

訓練施設も普段とは違っているので、改良のアイデアを頂いたりもします。

皆さん、それぞれ個性豊かでいらっしゃいました。

マラソンがお得意なスポーツマン、SRTのロジックで実践される理論派、体が軽く頭も体も柔らかいお若人。

みなさん、それぞれお得意の能力を生かして次々に習得いただきます。

00004.jpg000010.jpg0000100.jpg000012.jpg0000138.jpg0000142.jpg0000167.jpg0000182.jpg0000199.jpg0000213.jpg0000227.jpg0000254.jpg0000270.jpg0000283.jpg000031.jpg0000317.jpg000032.jpg0000338.jpg000059.jpg00006.jpg000085.jpg

身に付けていただいた技術は、現場で運用しないと役に立ちません。

いざ!実習です!!
0000350.jpg0000354.jpg0000360.jpg0000369.jpg0000374.jpg0000381.jpg0000391.jpg0000402.jpg0000412.jpg0000415.jpg0000423.jpg0000430.jpg0000444.jpg0000452.jpg0000464.jpg0000473.jpg0000477.jpg0000487.jpg0000503.jpg0000508.jpg0000513.jpg0000521.jpg0000528.jpg

橋軸方向への横桁超えトラバースもお見事にご習得いただきました。
000078.jpg
2016/08/08 12:13 Update

出張講習 in 北海道

北海道に出張講習に呼んでいただきました。

コンクリート構造物の調査・補強工事をご専門にしておられる三社様に合同で講習させていただきました。

うちご一社の螢ぅ離戰奪スさんは自社の社屋内に訓練施設を持っておられ、この施設をお借りして講習させていただきました。

以前、お三方には滋賀においでいただいてSRTスタンダードコースは受講いただいておりましたので、思い出しとホイストコースを指導させていただきました。

00001.JPG0000182.jpg000025.JPG000027.jpg000033.jpg000060.jpg

腕では決して持ち上がらない100Kgの重りも・・・・
0000153.jpg

上方に支点を取って、効率のいいプーリーでカウンターウェイトを使うと、楽勝で持ち上がります。
0000154.jpg

これを基本として、必要なシステムを追加すると、橋梁の路盤面から床版底面まで100Kgの重量物を搬送することができるようになります!
0000208.jpg0000233.jpg0000250.jpg0000318.jpg

地覆の張り出し部を担当する「人間ディビエーション」役や、床版底面での「引き込みホーリング」役に当たると、ありえない姿勢での作業が求められます(笑)。
0000281.jpg0000283.jpg0000289.jpg0000305.jpg0000318.jpg
大成功!!

ちょっと時間に余裕があったので、オンロープレスキューのさわりを少しだけ。。。
0000346.jpg0000349.jpg0000398.jpg

そして、締めは実際の橋梁で実習です。

皆さん、既にフックとV型リギングが自在にお使いになれるので、張り出しの大きな地覆も、主桁の裏側への回り込みも、横桁の橋軸方向への通過も難なくこなしていただきました。
0000402.jpg0000416.jpg0000440.jpg0000445.jpg0000450.jpg0000458.jpg0000477.jpg

お見事でございました!!
0000499.jpg
2016/07/28 12:28 Update

出張SRT講習 in 北海道

北海道の出張SRT講習から戻ってまいりました。

とりあえずのご報告です。

詳しいご紹介は後ほど―。

0000418.JPG0000887.JPG0000985.JPG

せっかくなので、息子にちょっと早い夏休みを取ってもらって、化石掘りにも行ってきましたー。

P7040611.JPGP7040616.JPGP7130726.JPG
2016/07/14 9:17 Update

出張SRT講習

今日から約一カ月、北海道に出張します。

出張中は、お問い合わせフォームからのメールにはお返事できなくなってしまいます。

6月14日〜7月16日までの間は携帯電話にご連絡くださいますようお願いいたします。

関携帯 090-4560-7432
2016/06/14 15:57 Update

縦穴探検 with 息子in 岐阜

古い洞窟友達からお誘いをいただいて、岐阜の深ーい縦穴を探検に行くことになりました。

実は小学校6年生の息子には数年前からSRTを教えていて、一緒に滝を降りたりしていたのですが、縦穴は降りたことがないので、連れていくことにしました。

息子、最近はロープよりDSを触ることの方が多かったので(笑)、ちょっとおさらいを。
000020.jpg000027.jpg

探検する予定の「Mコミの縦穴」は10ピッチ、-195mの大洞窟です。

特にそれぞれのピッチヘッドが、完璧なアルパインスタイルでリギングされていて、アルパインSRTに不慣れな人は大人でも泣きが入ります。

それを想定して、「空中クラシカルYビレイ3連発」や、「バカほど遠いリビレイ・ディビエーション」を繰り返し練習します。
000037.jpg00004.jpg000056.jpg00008.jpg

さぁーて、いよいよ探検前日、現場乗り込み、近くでキャンプです。
000067.jpg000065.jpg000069.jpg

夜が明けたら山を登って、洞口までアプローチです。
000074.jpg000079.jpg000082.jpg

洞口はドリーネの底にあるのですが、今回は泥で埋まっていました。

まずは入り口を掘り当てなくては・・・・・
000085.jpg

やっと通れるだけの通路が確保できました。

さぁー、入洞です。
000090.jpg

最初は狭ーーーーい横穴が続きます。

大人がハーネスを履いていたら、ありとあらゆるものが引っ掛かります。

が、子供はスイスイやってきます。
000093.jpg

狭い横穴を通過すると、いよいよ縦穴の始まりです。

最初は狭くて短いピッチが続きますが、降りるにしたがって、空間が大きくなりピッチも深くなります。
0000109.jpg0000112.jpg0000113.jpg0000119.jpg0000133.jpg0000137.jpg0000149.jpg0000162.jpg

第8テラスでおひるごはん。
0000171.jpg

まだ続きます。

第9テラスあたりで、息子は「これ、登らんと帰られへんのやんな・・・・・」と、当たり前のことをボソッとつぶやきました(笑)。

降りても降りても終わらない縦穴の底深さに、じんわりとした不安が宿ったようです。

でもあと1ピッチ!

最深部に到着しましたーーー!!!
0000191.jpg0000192.jpg

さぁーて、ここまで来てしまったからには、泣こうが喚こうが、200mを登らないと生きて帰れません。

普段は引っ込み思案の息子の目に、覚悟が決まったように見えました。

登る登る登る登る・・・・・
0000193.jpg0000196.jpg0000207.jpg0000212.jpg

3時間かけて10ピッチを登り切りました。

出洞ーーーー!!
0000214.jpg0000215.jpg

みんな次々に出洞します。
0000224.jpg

1000入洞、1700出洞の7時間活動でした。

入り口に泥が詰まらないように整備して帰ります。
0000226.jpg

今回、私のわがままで、息子の同行を許してくださり、サポートくださったお三方、ありがとうございました。

息子にとっては一生の経験になりました。

「小学6年生で、初めての縦穴が-195mのMコミの縦穴」っていう立派な勲章をあげることができました。

本当にありがとうございました。

夜ご飯はカレーライスでした。
0000228.jpg
2016/06/14 13:21 Update
 Home