現地SRTリギング指導

東海地方の鉄道跨線橋の調査の現場指導に呼んでいただきました。

普段電車が通っている線路の上にアクセスするので、架線の送電が止まってからのお仕事です。

終電が終わってから翌朝の始発までのほんの数時間で調査を終えねばなりません。

真夜中の集合です。
000016.jpg00006.jpg

さぁーて、やりますか!!

地球の平和を守るなんとかレンジャーみたいですね(笑)。
000022.jpg

ただでさえ精密な事前準備が必要なポステンT桁橋に加えて、桁下面ギリギリに鉄道の架線が縦横無尽に張り巡らされています。
00009.jpg

完璧なシュミレーションと精密な準備は終わっているはずなのに、突入前はピリピリしました。

架線に接触しないようにかわしながら、T桁を軸方向に進みます。
000011.jpg000025.jpg000028.jpg000032.jpg000041.jpg

愛と勇気と友情で、余裕を持って任務完了です。
000043.jpg

ふぅー、ほっとしました。

みなさん、おつかれさまでした。
2017/03/07 15:21 Update

SRT講習 橋梁編

橋梁点検をご専門にしていらっしゃる会社様から講習においでいただきました。

00001.jpg0000106.jpg0000114.jpg0000119.jpg000014.jpg0000140.jpg0000164.jpg0000179.jpg0000183.jpg0000203.jpg000023.jpg000031.jpg00004.jpg000040.jpg000054.jpg00006.jpg000060.jpg000066.jpg000073.jpg000096.jpg

橋梁点検車では届かない個所の点検をロープでなさるとのこと。

真っすぐ降りていては決して届かない個所へのアプローチのあの手この手をお教えしました。
0000218.jpg0000221.jpg0000269.jpg0000270.jpg

お仕事のご安全をお祈りしております。
2017/02/23 6:05 Update

現地SRTリギング指導

とある歩道橋の点検業務の現場指導に呼んでいただきました。

歩道橋は橋梁点検車が入れないため、ロープアクセスでの点検対象になることが多いようです。

この橋梁、一部吊りピースの間隔が広く、次の支点に手が届きません。

一人でリギングギアを回収しながら前進するノーロープトラバース(NRT)を行う上で、2点確保のルールを守りながらフック前進しなくてはなりません。

ちょっと資材置き場で練習を・・・

00001.jpg000014.jpg000018.jpg000019.jpg

皆さん場数をたくさん踏んでおられるので、少しアドバイスさせてもらうだけで、難なく習得してくださいます!!

さぁーて、本番です。
000021.jpg000025.jpg000028.jpg000029.jpg000037.jpg000043.jpg000058.jpg

お天気のよい気持ちのいい現場でした。
000060.jpg
2017/01/31 17:29 Update

現地SRTリギング指導

東海地方に吊り橋の調査のリギング指導に伺いました。

歩道橋とはいえ橋長160mを超える立派な吊り橋でした。

地元の方が駅や病院に通われるのになくてはならない橋です。

0000105.jpg0000122.jpg0000135.jpg0000159.jpg0000165.jpg0000176.jpg0000179.jpg0000193.jpg000022.jpg0000222.jpg00003.jpg000037.jpg000043.jpg000052.jpg000065.jpg000075.jpg000085.jpg000096.jpg

橋を通る子供たちが、必ず「こんにちは」とご挨拶してくれます。

とても気持ちのよい現場でした。

0000227.jpg
2017/01/20 10:54 Update

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

旧年中はみなさまに大変お世話になりました。

現場でのリギング指導にたくさん呼んでいただいた2016年でした。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
sesso.jpg
2017/01/05 12:32 Update
 Home