SRT竪穴現地指導

今回は少し珍しいお仕事でした。

洞窟探検を嗜まれるご夫婦に手ほどきさせていただきました。

竪穴の探検にSRTを用いられるということで、まずは基礎的な動作から確認させていただきました。

お二人ともSRTでの竪穴探検のご経験がおありだったので、講習はどんどこ進みました。

000100.jpg000112.jpg000119.jpg00068.jpg00082.jpg

日を改めて、私が学生時代によく入っていた竪穴にお連れしました。

洞口はゴルジュ状の谷底にあり、谷底に降りるのにもロープを使います。
0001.jpg00014.jpg00025.jpg00029.jpg00040.jpg

さぁーて入洞です!!

リギングしていただきました。
000147.jpg000167.jpg
000163.jpg
000153.jpg000170.jpg00045.jpg00067.jpg

この洞窟の一番の魅力が、落差30mの洞内瀧です。

下降ラインと瀧は少し離れているので、滝を横目に見ながら楽しい探検です。
00078.jpg00092.jpg00098.jpg000117.jpg000270.jpg

エレガントなリギングでした。

お見事でした!
2017/11/06 17:08 Update

SRT講習 建物編

お隣の三重県からお越しいただきました。

なかなかご紹介が追い付きません。

春のことです。

建築物の調査・補修にロープ技術の導入をご検討とのことでしたので、そこをターゲットに手ほどきさせていただきました。

まずは基本動作から。
0001.jpg000106.jpg000114.jpg00014.jpg00016.jpg00019.jpg00033.jpg00044.jpg0006.jpg00062.jpg0008.jpg

建物でよくある、陸屋根のリギングに適したフロートアンカーシステムをご紹介します。

リギングプレートという堅牢なアンカー板を四方から展張し浮かせます。

一旦これを組み立てることができると、建物のどの方向にも安定して降りていくことが可能です。
000155.jpg000152.jpg000144.jpg

お見事でした。

お仕事のご安全をお祈りしております。
2017/10/17 12:32 Update

新しいお友達

フランスから新しいお友達がやってきました。

今までリムーバブルアンカーというと、アメリカのリムーバブルボルトが長らく有名でした。
0008.jpg

が、ついに、ペッツルがリムーバブルアンカーを発売しました。
0001.jpg0002.jpg0003.jpg0004.jpg0005.jpg0006.jpg0007.jpg

リムーバブルボルトは、リリースの際にやや難ありでしたが、これはどんなものか?

試験結果が楽しみです!
2017/10/01 13:55 Update

出張アドバンスSRT講習

現場で多用するフックテクニックやVリグに特化して現場指導を交えて手ほどきさせていただきます。

まずは訓練施設で、手が届かない支点にアプローチ後、リギングしていきます。
0001.jpg000171.jpg000179.jpg000182.jpg000190.jpg000199.jpg000204.jpg00021.jpg00023.jpg0004.jpg0009.jpg

さてさて実践してみましょう。
00024.jpg00026.jpg00029.jpg00031.jpg00032.jpg000114.jpg000124.jpg000161.jpg00032.jpg00045.jpg00046.jpg00059.jpg00071.jpg00086.jpg000163.jpg

お見事、フックを使って主桁間を移動することができました。

せっかくなので、ホイストのさわりを手ほどきさせていただきました。
000207.jpg000215.jpg000220.jpg000222.jpg000224.jpg

オンロープレスキューも。
000233.jpg000241.jpg000249.jpg000252.jpg000257.jpg000261.jpg000268.jpg000273.jpg000276.jpg

お見事でした!!

どうぞご安全にお仕事くださいませ。
2017/10/01 11:37 Update

出張アドバンスSRT講習

引き続き札幌でのアドバンス講習です。

昨年から継続して手ほどきさせていただいている皆様に、さらに上位の技術を習得いただきます。

今回は、十分な強度が見込めるが手が届かない支点に対して体を寄せていく、フックテクニックを手ほどきさせていただきました。

まずは訓練塔で模式的な基本動作をご体験いただきます。
0002.jpg00027.jpg00011.jpg00028.jpg0008.jpg0007.jpg

さてさて、実際の橋梁で実践してみましょう。
00030.jpg00031.jpg00032.jpg00039.jpg00040.jpg00041.jpg00048.jpg

あぁっ、地覆の張り出しが大きくて主桁吊ピースに手が届かない・・・・・
00050.jpg00056.jpg00059.jpg00093.jpg

楽勝です。
00062.jpg00067.jpg00069.jpg00086.jpg

隣の主桁にアプローチしたい・・・・
00071.jpg

ちょっと頑張って・・・
000116.jpg000121.jpg

到着!!
000127.jpg

お見事でした!!
000132.jpg000136.jpg
2017/09/26 9:20 Update
 Home