SRT講習 洞窟編

大学探検部の超名門の部員の方々がおいでくださいました。

私が学生時代、こちらの探検部の大先輩に大変お世話になりました。

ボルネオの洞窟探査にご一緒させていただいたりしました!
B004.jpgB003.jpgB002.jpgB001.jpg

腕によりをかけて手ほどきさせていただきました。
001.jpg005.jpg009.jpg011.jpg013.jpg021.jpg023.jpg025.jpg035.jpg039.jpg045.jpg058.jpg059.jpg063.jpg067.jpg068.jpg070.jpg073.jpg

探検のご安全をお祈りしております。
2019/10/02 10:26 Update

SRT講習 橋梁編

長くおつきあいくださっている東京のガラスクリーニングがご本業の会社様のスタッフさんが来てくださいました。

高層ビルで毎日のようにぶら下がっておられるので、長距離のロープ移動についてはお教えいただくことしきりでした。

今回は橋梁点検に進まれるとのことで、橋梁用のアドバンス技術を手ほどきさせていただきました。
005.jpg007.jpg008.jpg009.jpg011.jpg013.jpg016.jpg020.jpg029.jpg

032.jpg033.jpg039.jpg040.jpg042.jpg045.jpg
お見事でした!

お仕事のご安全をお祈りしております。
2019/10/02 8:56 Update

SRT講習 アドバンス編+橋梁技術

遠く北海道から講習においでいただきました。

数年前から継続して手ほどきさせていただいており、オンロープレスキューやホイストの上位技術まで手ほどきさせていただいております。

今回はちょっとロープ技術的には困難な案件を受注されたとのことで、ターゲットの橋梁に合わせた技術を手ほどきさせていただきました。

002.jpg004.jpg012.jpg014.jpg018.jpg031.jpg046.jpg

まずはこの手で行ってみましょう!
それでだめなら次の手で!
最終この手で行きましょう!
と、何がどうなっても大丈夫なように手ほどきさせていただきました。
057.jpg059.jpg071.jpg075.jpg082.jpg

オンロープレスキューのおさらいも少し。
087.jpg094.jpg

後日、現場あっさり大成功!との嬉しいお知らせをいただきました!

お仕事のご安全をお祈りしております。
2019/09/17 10:17 Update

洞窟調査

日本を代表する大洞窟の調査のお手伝いをさせていただきました。

最近、洞窟の天井部に大規模な新空洞が発見され、測量の結果、隣の洞窟と約20mまで近づいていることがわかりました。

今回は隣の洞窟から大洞窟に向けてアタックしていきます。

まずは隣接する洞窟のMM穴へ降りていきます。こちらも深さ100m以上の立派な竪穴です。
001.jpg003.jpg005.jpg

MM穴の最深部で煙追跡調査を行い、空気の流れを観察します。

発煙筒を焚きます。
007.jpg010.jpg

あいにく洞窟内の空気はほとんど停滞していて、煙の流れを観察する前に視界がなくなってしまいました。
008.jpg

視界が30冂度となり、ちょっとした暗夜行路でした。(汗)

何とか無事に戻ってきました。
011.jpg012.jpg013.jpg

残念ながら今回はAY洞との接続とはなりませんでしたが、つながっていることは確実だと思われます。楽しみです!

友人の洞窟秘密基地に泊めていただきました!
014.jpg
2019/09/01 15:28 Update

オンロープレスキュー+ホイスト講習

長くお付き合いいただいているお客様に、オンロープレスキューとホイストのおさらい講習においでいただきました。

オンロープレスキューでは様々なシチュエーションが考えられます。

要救助者を下に降ろせるか、上に引き上げないといけないか?

救助者はサブロープを持っているか?

要救助者は下降中か登行中か?

下方ロープが固定されているか?

などなど・・・

さらに、

救助者な何人いるか?

サブロープは何本あるか?

などの条件の順列組み合わせの数だけ救助方法が異なります。

オンロープレスキューでまず求められるのは、状況判断と最善最速の救助方法の決定です!

オンロープレスキューは、使うことがあってはならない技術ですが、少なくとも年に一度くらいはさらっておいていただかないと、忘れてしまいます。

001.jpg008.jpg014.jpg017.jpg022.jpg029.jpg035.jpg037.jpg

普段から重量物を桁下面まで引き上げられることがあるとのことで、ホイストについては手になじんでいらっしゃいました。

石臼を組み合わせて60圈80圓凌遒魄き上げていただきました。
038.jpg039.jpg050.jpg060.jpg062.jpg070.jpg072.jpg

一番やりたくない、「要救助者をボルトトラバースさせる」工程です!!
075.jpg076.jpg080.jpg082.jpg094.jpg101.jpg113.jpg114.jpg

お見事でした!
2019/08/01 8:14 Update
 Home