オンロープレスキュー+ホイスト講習

長くお付き合いいただいているお客様に、オンロープレスキューとホイストのおさらい講習においでいただきました。

オンロープレスキューでは様々なシチュエーションが考えられます。

要救助者を下に降ろせるか、上に引き上げないといけないか?

救助者はサブロープを持っているか?

要救助者は下降中か登行中か?

下方ロープが固定されているか?

などなど・・・

さらに、

救助者な何人いるか?

サブロープは何本あるか?

などの条件の順列組み合わせの数だけ救助方法が異なります。

オンロープレスキューでまず求められるのは、状況判断と最善最速の救助方法の決定です!

オンロープレスキューは、使うことがあってはならない技術ですが、少なくとも年に一度くらいはさらっておいていただかないと、忘れてしまいます。

001.jpg008.jpg014.jpg017.jpg022.jpg029.jpg035.jpg037.jpg

普段から重量物を桁下面まで引き上げられることがあるとのことで、ホイストについては手になじんでいらっしゃいました。

石臼を組み合わせて60圈80圓凌遒魄き上げていただきました。
038.jpg039.jpg050.jpg060.jpg062.jpg070.jpg072.jpg

一番やりたくない、「要救助者をボルトトラバースさせる」工程です!!
075.jpg076.jpg080.jpg082.jpg094.jpg101.jpg113.jpg114.jpg

お見事でした!
2019/08/01 8:14 Update

出張SRT講習 in 宮崎

宮崎県に出張講習に呼んでいただきました。

フェリーで神戸から宮崎に向かいます。
0001.jpg0002.jpg

お天気に恵まれ、快適に手ほどきさせていただきました。

会場として、歩道橋の吊橋をご準備いただきました。

基礎的な動作はここで確認・習得いただきました。
001.jpg005.jpg022.jpg026.jpg027.jpg033.jpg046.jpg053.jpg061.jpg069.jpg

鈑桁の橋でもトラバースの実習をさせていただきました。
085.jpg088.jpg095.jpg101.jpg104.jpg

お三方とも見事に習得くださいました。

ご活躍をお祈りしております!!
2019/07/23 12:04 Update

安全大会 in 静岡

静岡の螢◆璽好轡侫箸気鵑琉汰澗膕颪帽峪佞箸靴童討鵑任い燭世ました。

なんと、本社新社屋が完成されたばかりでした!

おめでとうございます!!!
003.jpg004.jpg

講義はもちろん新社屋大会議室で。

お仕事を発注してくださるお客様もたくさんご参加いただいておりました。
005.jpg007.jpg008.jpg

私はお付き合いのある各社様から今年度に起こったヒヤリハット事例をたくさん伺っておりますので、それらを共有していただきたく、皆さんにご紹介しました。
021.jpg088.jpg

事故一歩手前のヒヤリハット経験こそ、事故を未然に防ぐ宝物と考えます。


午後からは近隣の橋梁で技術交流会でした。

横桁通過やオンロープレスキュー、橋面返しなどのデモンストレーションなどに意欲的にご参加いただきました。
023.jpg052.jpg060.jpg063.jpg066.jpg

が、なんといっても盛り上がったのは「ハツカネズミ」でした。

オーソドックスなロープ登高練習法なのですが、登っても登っても降ろされるという精神的なダメージがあります(笑)。

みんなで登高タイムを競いました。

優勝者は元漁師のMさんでした。

50mを2分でした。

化け物ですよね。
033.jpg038.jpg041.jpg043.jpg049.jpg071.jpg079.jpg082.jpg085.jpg

今年も盛況な安全大会でした。

ご安全とご発展をお祈りしております。
087.jpg
2019/06/22 8:08 Update

出張SRT講習 in 鳥取

弊社起業当初からお付き合いくださっている会社様に出張講習に伺いました。

大山の麓に、巨大な訓練施設を建設していらっしゃいました!!

ロープ訓練専用の施設としては私が知る限り最大の施設です!!!
074.jpg075.jpg076.jpg077.jpg

今まで手ほどきさせていただいたロープユーザーさんは10名様を超えていらっしゃいます。

今回は、スタンダードSRTを修められた後、実務のご経験を豊富に積まれたベテランの方々にオンロープレスキューとホイストをまとめて手ほどきさせていただきました。

まず、オンロープレスキューを習得していただくと、ロープ上で行動不能になった仲間を、ひとりでロープ上から脱出させることができます。
001.jpg004.jpg007.jpg008.jpg010.jpg012.jpg016.jpg020.jpg021.jpg023.jpg025.jpg028.jpg037.jpg041.jpg044.jpg052.jpg058.jpg060.jpg065.jpg070.jpg081.jpg085.jpg097.jpg099.jpg104.jpg106.jpg112.jpg114.jpg119.jpg122.jpg136.jpg

次にホイストを習得していただくと、要救助者の吊り上げ、吊り換え、斜め・水平移動など、あらゆる引き上げができるようになられます。
143.jpg146.jpg157.jpg160.jpg165.jpg168.jpg170.jpg179.jpg

複合技の最たるものとしては、床板底面から直接橋面に連れて帰ってくる「橋面返し」ができるようになります!

佐々木小次郎の必殺技「ツバメ返し」みたいなものでしょうか(笑)。
209.jpg212.jpg218.jpg219.jpg
183.jpg185.jpg191.jpg193.jpg200.jpg207.jpg

みなさん、一度見ただけで、ご自分のパートを理解し、見事に要救助者を橋面に帰してくださいました。

SRTレスキューの講習を始めて3日目で、チームレスキューができるようになられた姿を見せてもらって、じぃーーーん、となっちゃいました!

息つく暇もなく、チロリアンブリッジを組み入れたホーリング「モバイルプーリーシステム」を作ります。
220.jpg224.jpg228.jpg229.jpg236.jpg243.jpg

それが終われば、スロープチロリアンを!!
248.jpg260.jpg268.jpg275.jpg279.jpg

怒涛のレスキュー講習でした!!!

かなりの詰め込みスパルタだったと思います!

みなさん、よくついてきてくださいました!!

感謝感謝です!!!!
2019/06/21 8:01 Update

SRT講習 橋梁編

中国地方からスタンダードの講習においでいただきました。

橋梁をターゲットにして手ほどきさせていただきました。

ロープテックジャパン起業当初からお付き合いくださっている会社様からおいでいただきました。
001.jpg002.jpg012.jpg013.jpg019.jpg023.jpg027.jpg029.jpg037.jpg042.jpg057.jpg065.jpg075.jpg080.jpg095.jpg106.jpg110.jpg112.jpg121.jpg

お一人は体重100Kg!

戦車のようにパワフルな方でした。

日を改めてこちらの会社様が建てられた訓練施設に伺ってレスキューの講習をさせていただきました。
2019/06/19 10:00 Update
 Home