オンロープレスキュー講習

オンロープレスキュー講習においでいただきました。

鉄道がご専門の皆様で、毎年オンロープレスキュー講習においでいただいており、技術を維持していただいております。

オンロープレスキューの技術は普段の業務では使うことがないため、忘れてしまわないように維持するには、定期的な思い出し実習を行っていただく必要があります。

万が一の要救助案件のために意識して訓練を続けていただけるのはとてもありがたいです。
001.jpg007.jpg008.jpg011.jpg018.jpg023.jpg027.jpg029.jpg044.jpg047.jpg063.jpg068.jpg071.jpg074.jpg078.jpg
チームの誰がどうなっても、誰かがなんとか助けることができる望ましいチームになっておられます。
2020/04/19 15:03 Update

最新版の講習テキストをお使いください

今までロープテックジャパンの講習を受けていただいた方々、もしくはロープアクセス技術協会発行の本をお持ちの方々へお知らせです。

ロープテックジャパンでは、講習に使用する技術書を数か月ごとに改定しております。

新しいギアが発売されたり、従来の技術を見直してよりよい新たな方法を採用しております。

古い技術は安全性が低かったり、余計な手間がかかったり、不必要な装備を携帯したり、逆に必要な装備を携帯していなかったりすることにもつながります。

執筆当時は正しいとされていた技術が、否定されたこともございます。

常に最新の技術をお求めください。

過去に弊社の講習を受けていただいた方、またはロープアクセス技術協会発行の書籍をお持ちの方につきましては、ご連絡をいただければ、最新版のテキストをPDF形式で差し上げます。

ご遠慮なくご連絡ください。

001.jpg002.jpg003.jpg004.jpg

また、スタンダード編の荷重テスト、アドバンス編の吸盤、オンロープレスキュー編のマオシステムに関して近日中に大きく改定する予定でおります。

どうぞお楽しみに!

熟練の方々に対しましては、技術更新講習として手ほどきさせていただければ幸いです。

ロープを使われる皆様のご安全をお祈りしております。


2020/06/03 17:11 Update

SRT講習 橋梁編

弊社創業当時からおつきあいくださっている会社様から新たにロープをお使いになる方々がおいでくださいました。

土木業界にあっては珍しく、女性がお二人いらっしゃいました。

001.jpg002.jpg007.jpg016.jpg022.jpg030.jpg035.jpg049.jpg056.jpg059.jpg076.jpg079.jpg081.jpg090.jpg097.jpg106.jpg110.jpg111.jpg

3日間でなんとか橋梁に通用するロープ技術を詰め込んでいただきます。

かなりしんどいカリキュラムになりますが、リカバーの方法にそれぞれ違った個性が拝見できて楽しい限りです。

体の柔軟性を活かされる方、パワーでねじ伏せる方、根性で何とかする方・・・・

手ほどきさせていただいた技術がお役に立ちますことを願っております。

どうぞご安全にお仕事くださいませ。
2020/04/10 10:28 Update

SRT講習 スタンダード編

北陸地方からおいでいただきました。

私が創業した直後からおつきあいくださっている会社様がお若いスタッフの方を新たに迎えられました。

既に現場でご活躍しておられるご様子でしたので、ご存知のことや身についておられる技術は飛ばして、2日間の短縮コースで手ほどきさせていただきました。

001.jpg005.jpg015.jpg018.jpg024.jpg029.jpg034.jpg038.jpg040.jpg

さすが現場でご経験を積んでおられるだけあって、打てば響くように技術を吸収してくださいます。

卒爾ながら手ほどきさせていただいた会社様のご発展のご様子をうかがうのが、何よりの喜びです!
2020/03/26 7:13 Update

プーリー効率再考

新ギア「マエストロ」がやってきたことですし、プーリー効率を再考しました。

まだエンフォーサー(ロックエグゾチカ)がないころに、少しずつウェイトを増やして平衡点を読み取って計測していました。
re.jpg0001.jpg

マイナーチェンジしたギアや新発売のギアもありますので、エンフォーサーを使ってひととおり試験しました。
0002.jpg
014.jpg
001.jpg005.jpg007.jpg008.jpg009.jpg010.jpg

今回はエンフォーサーで手軽に1kg単位で計測できるので、いろいろやってみました。

橋梁でよく出くわすコンクリート製の壁高欄や鋼製パイプの高欄など、プロテクターをつけた状態でどの程度の荷重が支点に伝達されているのか気になっていました。
015.jpg016.jpg
011.jpg012.jpg013.jpg

こんな結果になりました。ご参考にしてください。
017.jpg

興味深かったのは、新リグは旧リグよりわずかにプーリー効率が悪くなっていました。

短距離登高の際に、ビレイモードのない新リグは旧リグに比べて少し抵抗が大きいように感じていました。

数字に表れました。

また、究極まで小型化したセーフガードを可変カウズテイルとして使っていましたが、これも抵抗の大きさに辟易していました。これも数字に表れました。

高欄のプーリー効率が見積もれたことは面白かったです。

コンクリート製の腰壁では25%、鋼製パイプだと36%(いずれもプロテクター使用)となりました。

高欄の根元にリギングするか上部にリギングするかを選択する際の荷重の見積りに使っていただければよいかと思います。
2020/03/08 14:46 Update
    Home