SRT講習 橋梁アドバンス編

大阪から熟練のロープユーザー方々においでいただきました。

鋼鉄道橋がご専門の技術者の方々です。

いつも定期的にレスキュー訓練においでいただいておりますが、今回はアドバンス編を手ほどきさせていただきました。

「橋面から降りて、主桁を横断方向に超えて、中央の床板まで登り、橋軸方向にトラバースして、横桁を超えて、回収型リギングで帰ってくる」を想定して、個々の動作をひとづつ確認いただきます。
P4260226.jpgP4260228.jpgP4260235.jpgP4260245.jpgP4260256.jpgP4260265.jpg

お仕事のご安全をお祈りしております。
2021/08/02 15:32 Update

洞窟アシスト

SRT技術が熟練された方には、竪穴洞窟探検のアシストをさせていただくことがあります。

四国の山中にある深さ約30mの竪穴にお連れしました。

洞窟の入口はゴルジュ状の谷底に開いています。

まず谷の側壁を下降して、谷底の洞口にアプローチします。
P6020011.jpgP6020012.jpg
image0.jpg

グリップアンカーを支点にしてリギングします。
image4.jpgP6020022.jpg

リギングの指導もさせていただきながら、並んで降りて行きます。
image2.jpgP6020025.jpgP6020029.jpgP6020033.jpgP6020039.jpgP6020043.jpgP6020072.jpg

なんと洞窟内には、その天井部から水流が流れ込んでいて、高さ30mの洞窟滝となっています。

流入洞口とは別の入口から入って、滝のすぐ隣を降りて行きます。




滝の下まで降りたら、さらにトラバースして、もう1ピッチ下降します。

頁岩の薄層を頻繁に挟む石灰質片岩なので、有効なアンカーを打てる個所が限られています。

なんとかアルパインスタイルのリギングに仕上げました。
P6020045.jpgP6020047.jpgP6020052.jpgP6020053.jpgP6020055.jpgP6020058.jpgP6020064.jpgP6020067.jpg

おつかれさまでした!!
image0.jpeg
2021/08/01 11:42 Update

出張SRT講習 レスキュー編

北海道での講習、レスキュー編です。

古参のロープユーザーの方々にはレスキュー技術を手ほどきさせていただきました。

最近、オンロープレスキューとホイストを区分してお教えすることが合理的ではないと考えるようになりました。

実際の救助現場では、要救助者の状態や、救助者の人数、使える装備の量と種類によって採用できる手段が多様だからです。

とにかく、どんな手を使ってでも要救助者を連れて帰ってこなくてはなりません。

そのためには、オンロープレスキューやホイストといった区分は不要で、一連のものだと考えるようになりました。

まずは、プルディレクションとプーリー効率について理解していただきます。
094.jpg095.jpg096.jpg097.jpg099.jpg104.jpg

ブーストを組み込むのは、下方へのプルディレクションとなるべく高いプーリー効率でのメインディバイスを準備した後に行うものです。

要救助者の引き上げに必要なエネルギーの総量は、ブーストを上位化すればするほど大きくなります。

ブーストのビジュアルのかっこよさにだまされてはいけません(笑)。

ブーストを組まずに定滑車だけで持ち上げるのがいちばんエネルギーのロスが少ないのです。

ブーストとは、定滑車だけでは持ちあがらないときに仕方なく組むものだ、とお教えしています。


さていよいよオンロープレスキューです。

ライフラインがあって、下方に降ろせるという好条件から始めていって、ひとつずつ条件を厳しくしていきます。

106.jpg108.jpg113.jpg114.jpg117.jpg119.jpg131.jpg140.jpg

「もし要救助者が、スズメバチにたかられて襲われている時には、あなたはどんな方法で要救助者を救助しますか?」などのお題が出たりします。


また、要救助者を下方に降ろせない場合、連れて登っていかなくてはいけませんが、途中にリビレイ、ディビエーション、ロープジョイント、プロテクター(折れ角120°)があった場合には要救助者を連れて通過できますか?とか。

マオシステムだけでは決して対応できません。

143.jpg146.jpg149.jpg151.jpg152.jpg153.jpg160.jpg166.jpg

最後にちょっと新兵器をご紹介です。
167.jpg173.jpg

お仕事のご安全をお祈りしております。
2021/07/22 17:11 Update

出張SRT講習

北海道にお呼びいただきました。

古くからお付き合いくださっているアンカーの施工がご専門の会社様に伺いました。

今年度も新たにロープユーザーを養成なさるとのことで、手ほどきさせていただきました。

既にロープを使ったお仕事に就いておられた方もおられましたし、橋梁調査の会社に在席しておられた方もいらっしゃいました。

腕によりをかけて手ほどきさせていただきました!!

039.jpg001.jpg002.jpg008.jpg015.jpg021.jpg025.jpg030.jpg038.jpg

事務の女性がご体験に来てくださったり。(笑)
033.jpg

橋梁でしか使わない凝ったテクニックもお伝えすることができました。
045.jpg049.jpg053.jpg

調査業務のお手伝いで、すこしOJTをご経験いただけました。
055.jpg056.jpg058.jpg062.jpg067.jpg068.jpg071.jpg073.jpg075.jpg080.jpg081.jpg083.jpg085.jpg087.jpg090.jpg

危険の予測と回避はSRTユーザーの必須能力です!

危険ポイントを決して見逃されることのないよう、ご研鑽をお祈りしております。
2021/07/09 17:25 Update

オンロープレスキュー検証

「洞窟王」吉田勝次さんがお仲間とご一緒に来てくれました。

https://yoshidakatsuji.info/

前回、オンロープレスキューの検討会で出たアイデアをすぐに実現しておられました。

さすがさすが吉田さん!

要救助者人形を作ってきていただきました。

レスキュー専用人形、高額のお金を払えば買えるのですが、これは違います。

格闘技の寝技を練習するための人形だそうです!!

オンロープレスキューは要救助者役の人もとてもつらいです。

連れて登るときはなおのことです。
P5250001.jpgP6060011.jpgP6060012.jpgP6060013.jpgP6060014.jpgP6060015.jpgP6060016.jpgP6060018.jpgP6060019.jpgP6060023.jpgP6060025.jpgP6060030.jpg

心置きなく訓練することができました!

吉田さん、ありがとう!
2021/06/27 12:11 Update
    Home