SRT講習 橋梁編

年度が明けてから、たくさんの方々に講習においでいただいております。

ありがたいことに週末や旗日を利用しておいでいただくことも多いので、毎日のように手ほどきさせていただいております。

この時は関西中心部からおひとりでおいでいただきました。
002.jpg011.jpg017.jpg025.jpg028.jpg030.jpg032.jpg041.jpg048.jpg051.jpg052.jpg056.jpg057.jpg
全くロープを扱ったご経験がない方でも、順調に実技と理論を身につけていただければ、三日間でなんとかひと通りご経験いただけます。

ただ、新しい技術に触れた直後は、反復しないとすぐに抜けてしまうので、早いうちに熟練者の下で実務経験を重ねられることが肝要です。

お仕事のご安全をお祈りしております。
2019/04/25 6:19 Update

現地SRTリギング指導

関西地方の山奥に手ほどきに伺いました。

深い谷を延々とPC箱桁の高架橋でぶち抜いています!
006.jpg009.jpg014.jpg021.jpg024.jpg030.jpg031.jpg042.jpg043.jpg045.jpg057.jpg069.jpg073.jpg075.jpg080.jpg099.jpg104.jpg

もう私が手ほどきさせていただくことがないほど、皆さんお見事にロープをお使いになります!

嬉しい限りです!!
2019/03/08 17:57 Update

現地SRTリギング指導

中部地方各所に現地指導に伺いました。

湖面が凍ったダム湖に架かる橋は鼻水だだもれ、
005.jpg007.jpg006.jpg

秋晴れのトラスは支点も多く、快適快適・・・
001.jpg010.jpg018.jpg021.jpg026.jpg028.jpg032.jpg036.jpg037.jpg041.jpg045.jpg

耐候性鋼材は特にロープやスリングの傷みが早いです。
008.jpg
2019/03/08 17:59 Update

現地SRTリギング指導

ひきつづき海上橋梁の現地指導のご紹介です。
高所作業車を使うことができない海上の橋脚はロープを使用した点検の対象です。
海上なので橋軸直行方向にロープを渡すためには木登り用の装備も使います。
011.jpg022.jpg006.jpg010.jpg003.jpg002.jpg
2019/03/08 14:41 Update

現地SRTリギング指導

海洋斜張橋に現場指導にうかがいました。

A型構造の主塔でした。
016.jpg

迷路のような内部の検査廊を抜けて、主塔頂部に向かいます。
P1280001.jpg063.jpg062.jpg

塔頂は絶景です。
050.jpg051.jpg055.jpg059.jpg

いよいよ主塔躯体と斜張ケーブルの調査です。
026.jpg035.jpg042.jpg092.jpg101.jpg112.jpg118.jpg

桁下面にもアプローチしてゆきます。
180.jpg202.jpg156.jpg190.jpg071.jpg078.jpg142.jpg

立派な斜張橋でした。
2019/02/10 10:41 Update
    Home