SRT講習 橋梁編

中国地方から講習においでいただきました。

吹付法面や橋梁の調査をしていらっしゃいます。

ご年配の上司の方とお若い技術者の方お二人でお越しいただきました。
00020.jpg00024.jpg0003.jpg00032.jpg00038.jpg00039.jpg00045.jpg00062.jpg00073.jpg0008.jpg

早速実習に。
000102.jpg000118.jpg000130.jpg000134.jpg000142.jpg00086.jpg

余裕があったので、もう一橋行きましょう。
000160.jpg000156.jpg

もう少し余裕があったので、チロリアンブリッジの基本やオンロープレスキューのさわりをご紹介しました。
00077.jpg00081.jpg00083.jpg

おつかれさまでした。

お仕事のご安全をお祈りしております。
2017/09/02 10:58 Update

SRT講習 橋梁編

関東地方からSRT講習にお越しいただきました。

鋼鉄道橋をご専門にしていらっしゃる会社様のお二人でした。
00016.jpg00019.jpg0002.jpg00053.jpg00073.jpg

先だってオンロープレスキューを手ほどきさせていただいたお二人のお仕事仲間でいらっしゃいます。

ご一緒においでくださいました(嬉)。
0007.jpg0008.jpg

実習もご一緒に。
000106.jpg000121.jpg000126.jpg00087.jpg

調査・点検は、本来ご専門の知識・技術を持っておられる方がなさるお仕事と考えます。

ロープ技術をもっとご専門家の皆様に気軽に使っていただきたいと考えております。

皆様のお仕事のご安全をお祈りしております。
2017/08/20 15:23 Update

オンロープレスキュー講習

オンロープレスキュー講習においでいただきました。

鋼鉄道橋の調査をご専門にしておられるお二人がお越しくださいました。

もう何度も現場でご一緒させていただいている、気心の知れたお二方でした。

あいにくの雨模様でしたが、工程通りジャンジャン進みます。
0001.jpg00011.jpg00014.jpg0005.jpg

ロープ上で行動不能になった「要救助者」役を交互に担当していただき、救助の訓練を重ねます。
00017.jpg000203.jpg00024.jpg00033.jpg00035.jpg00044.jpg00050.jpg00066.jpg00078.jpg00081.jpg

それが終わると、救出した人の搬出訓練です。

橋梁では要救助者を下方に下ろせないことが多く(下が水面など)、引き上げが必要となる場合も十分想定できます。

ましてや、要救助状態となるのは床板底面の天井部、引き上げないといけないのは橋面まで、となると、とても複雑なホーリング技術が必要となります。

最悪、一人でも救助可能ですが、ある程度の余剰装備とサポートロープユーザーがいれば、佐々木小次郎の「ツバメ返し」ならぬ、「橋面がえし」という技が使えます!!

石臼で要救助者の重量を再現します。
00086.jpg00091.jpg00094.jpg00098.jpg

必殺!橋面がえしーー!!!
000108.jpg000110.jpg

調査のご安全をお祈りしております。
2017/08/07 14:28 Update

お知らせ

春にお知らせしておりましたとおり、本日から講習料金を変更いたします。

講師報酬が30000円/日、傷害保険料が3090円/人、となります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ロープテックジャパン 関
2017/08/01 9:39 Update

現地SRTリギング指導

海に架かる長大橋の調査にお呼びいただきました!

太平洋を眺望する見事な橋梁でした。
000208.jpg

まずは橋面からアプローチ。
0001.jpg

高欄の外側には転落防止柵も併設されていて、これを外してアプローチします。
0002.jpg00066.jpg

あとは絶景を楽しみながらお仕事お仕事・・・
000106.jpg000140.jpg000206.jpg00024.jpg0003.jpg00042.jpg00048.jpg00076.jpg00087.jpg

床版底面にアプローチするために、反対側を降りたパートナーとロープを受け渡して、セルフチロリアンで自己展張していきます。
000168.jpg000180.jpg00062.jpg

久しぶりにときめいた時間でした!!!
2017/07/29 9:45 Update
    Home