メッセージ欄

分類 【オンロープレスキュー講習】 で検索

一覧で表示する

出張オンロープレスキュー講習

オンロープレスキュー講習に呼んでいただきました。

ロープアクセス(SRT)での点検業務は、橋梁点検車も高所作業車も届かない個所が対象になります。

したがって、万一そこで行動不能になった場合は、当然橋梁点検車も高所作業車も届きません。

ロープでアクセスした場所でのレスキューは、オンロープレスキューおよびロープホイストの技術を持っている者でしかなしえません。

ロープを使って業務を行われるのであれば、オンロープレスキューは是非とも併せ持っていただきたい技術です。

複雑な橋梁点検を多数こなしておられるみなさんに、オンロープレスキューを手ほどきさせていただきました。

ストックヤードに立派な施設を整備しておられます。

まずは基礎的なオンロープ状態からの脱出方法を手ほどきさせていただきます。
00010.jpg000108.jpg000111.jpg000117.jpg000120.jpg000128.jpg000133.jpg000136.jpg00014.jpg000140.jpg00015.jpg000154.jpg000155.jpg0002.jpg00038.jpg00041.jpg00048.jpg00051.jpg0006.jpg00066.jpg00069.jpg00082.jpg00089.jpg00098.jpg

場合によっては、要救助者の体重がかかったロープを切って脱出させてやります。


基本的には遭難場所から下方の平坦部にロワーダウン(吊り降ろし)してやりますが、橋梁の現場だと下方が水面であったりしてロワーダウンできない場合もあります。

必要な場合にはホーリング(吊り上げ)を行います。
000155.jpg000201.jpg000226.jpg000238.jpg000257.jpg000266.jpg00027.jpg000276.jpg000281.jpg00029.jpg

想像しただけでもゾッとする、ボルトトラバース途中での事故!

サブロープがなくレスキュアーが一人しかいない場合などは仕方ありません。

支点一点ずつ連れて帰ってこなくてはいけません。
ビクティムもレスキュアーも腹筋が切れるほどしんどいです!!
000154.jpg000211.jpg000218.jpg000221.jpg

サブロープと複数レスキュアーがいる場合は橋軸直行方向に橋面まで一気に引き上げることができます。
000292.jpg000294.jpg000296.jpg000310.jpg000312.jpg000314.jpg

オンロープレスキューやホイストの講習は、ロープレスキュー技術を身に付けていただくことはもちろんですが、逆説的にはレスキューにかかる膨大な労力をご経験いただき、レスキューよりも普段から事故を起こさないように細々と気をつけている方がよほど労力が小さい、ことを認識いただく場でもあります。

皆さん、どうぞご安全にお仕事くださいませ。

おつかれさまでした。
000183.jpg
2017/05/10 12:50 Update

オンロープレスキュー講習

大阪から、螢謄ニカルhttp://technical-research.co.jpの皆さんが、オンロープレスキュー講習においでくださいました。

建築物の劣化調査や漏水調査、外壁リフォーム工事などをご専門にご活躍しておられます。

万が一にもあってはならない事故ですが、事故の際にロープ上から仲間を救出する技術を持っていただくことはとても大切です。

そして、オンロープレスキューにかかる労力の大きさを考えていただくと、普段から事故を起こさないように気をつけていただくことの方がはるかに少ない労力で済むことにお気づきいただくための講習でもあります。

0000100.jpg0000142.jpg0000149.jpg000015.jpg0000155.jpg0000168.jpg0000184.jpg0000216.jpg000027.jpg0000275.jpg0000285.jpg0000296.jpg00003.jpg0000314.jpg000032.jpg000054.jpg000057.jpg000071.jpg000077.jpg000098.jpg

搬送の技術もあわせて身に付けていただきました。

0000410.jpg0000419.jpg0000421.jpg0000429.jpg0000442.jpg

お仕事のご安全をお祈りしております。

0000394.jpg
2016/05/28 20:58 Update

オンロープレスキュー講習 in 奈良

特別協力会社(株)きぃすとんさんの若手さんに、オンロープレスキューの手ほどきをさせていただきました。

0000115.jpg0000124.jpg0000135.jpg0000138.jpg0000150.jpg0000157.jpg000016.jpg0000161.jpg0000163.jpg0000168.jpg0000174.jpg0000178.jpg0000192.jpg0000195.jpg0000205.jpg000021.jpg0000210.jpg000024.jpg000036.jpg000041.jpg000045.jpg000048.jpg000056.jpg000064.jpg000068.jpg000074.jpg000088.jpg000094.jpg000097.jpg

ロープアクセスでの仕事場所というのは、高所作業車も橋梁点検車も入れないからこそ、ロープアクセスでの業務対象となります。

そしてそこで行動不能になった場合は高所作業車も橋梁点検車も助けには来てくれません。

したがって、ロープでアクセスした場所でのレスキューはロープユーザーでなければ行えません。

ロープを使うのであれば、オンロープレスキューの技術も併せ持つべきと考えます。
2016/04/26 11:31 Update

オンロープレスキュー講習

兵庫からオンロープレスキュー講習においでいただきました。

来てくれたのは実は前職で同窓だったGちゃん。

新しい職場で岩壁調査部門を設立されるとのこと。

新たなスタッフの方を迎えて、万一に備えての救助講習においでいただきました。

000106.jpg00012.jpg000235.jpg00024.jpg000251.jpg000259.jpg000264.jpg000276.jpg000284.jpg000291.jpg000336.jpg00039.jpg00042.jpg00043.jpg00052.jpg0006.jpg00065.jpg00080.jpg00091.jpg00096.jpg

SRTでの現場では、救助者が一人でも要救助者を救出できなくてはなりません。

ロープを切ったり、プーリーで力を倍増したり、いろいろと秘密テクがあります。






担架に固定された要救助者の搬送も併せてトレーニングします。

000349.jpg000367.jpg000379.jpg000385.jpg000389.jpg000404.jpg000447.jpg000451.jpg000459.jpg

お見事に習得していただきました。

おつかれさまでした。

000504.jpg
2015/11/20 14:29 Update
    Home