メッセージ欄

分類 【ギア】 で検索

一覧で表示する

洗濯

久しぶりにきちんとギアを洗いました。

さっと水洗いは度々するのですが、メカニカル部を歯ブラシできちんと洗いました。

DSC07247.jpgDSC07249.jpgDSC07257.jpg

今回は個人装備のみのお洗濯でした。

これで総ギアの四分の一ってところでしょうか。

ふぅー、さっぱりしました。
2015/11/20 14:29 Update

試作品02

タネはこれでした。

reDSC08901.jpg

PETZLのフィックスという滑車です。

これを材木のピースに蝶ネジで締め付けて挟み込みます。

reDSC08902.jpg

reDSC08903.jpg

reDSC08904.jpg

これ一つだけでは何に使うの?って感じですが、これを数個連結すると、

reDSC08906.jpg

reDSC08909.jpg

レスキューのホーリング(吊りあげ)時に、ロープが岩角に擦れる箇所の保護に使います。

それだけならば、PETZLからロールモジュールというそれ専用のギアが発売されているのですが、これは他の状況への転用ができません。

ところがフィックスを脱着可能にすることで、ロールモジュールは必要なく、プーリー(滑車)が足りない、という状況に対応できます。

さらに、要救助者がモジュール直下まで上がってきたら、ロープユーザーの救助者が自分のランヤードでフィックス(滑車)ごと引き上げラインを持ち上げて、要救助者をテラスに引き込むことができます。

reDSC08912.jpg

reDSC08915.jpg

なにより、安い!!

PETZLのロールモジュールは4個セットで国内定価で4万数千円しますが、これなら1個3,000円くらい(フィックス込みで)で自作できます。

reDSC08918.jpg

あの小さな穴は、フィックスの軸のボルトヘッドをはめ込む穴なのでした。

reDSC08905.jpg
2015/11/20 14:29 Update

試作品

ちょっと思いついたので、レスキュー用のギアを試作してみました。

さてこれはどうやって使うのでしょうか?

わかりますか??

reDSC08814.jpg

reDSC08818.jpg

reDSC08819.jpg
特に内側に作ったちょっとの凹みがミソです。

reDSC08820.jpg
2015/11/20 14:29 Update

スパロウ

クライミングテクノロジー社のsparrow。

IDやRIGと同じ、シングルボビン系のディッセンダー。

優れているのは制動追加のバーが内蔵されていることと、完全にインライン型であることです。

22_01.jpg
22_02.jpg22_03.jpg

ID、RIG、GRIGRIはいずれも、最後にチューブ状のプレートに擦過させるため、僅かずつですがロープにキンクが蓄積しますが、このスパロウはそれが完全に解消されています。

惜しむらくはちょっと重いこと。

今年からはマウンテンダックス社の取り扱いで、日本に入るようです。

軽量化して、レバー全開時のロック機能を解除したアドバンスユースのモデルが出れば、文句無しです。。

先日機会があったのでクライミングテクノロジーにリクエストしておきました。

早くできるといいな。。。
2015/11/20 14:29 Update

兵庫訓練場用装備到着

兵庫県の訓練場用の装備が届きました。

とりあえず2セット。

21_01.jpg
2015/11/20 14:29 Update
    Home