メッセージ欄

分類 【レスキュー】 で検索

一覧で表示する

オンロープレスキュー講習

少し前になりますが、特別協力会社:(株)きぃすとんさんからオンロープレスキューの講習に来ていただきました。

SRT使用中に落石に当たるなどして意識を失った場合、パートナーのロープユーザーは何とかして事故に遭遇した要救助者をロープ上から降ろしてやらねばなりません。

0027.jpg0041.jpg

たとえ要救助者が登高途中でも、サブロープがなくても、下に降ろせなくても、そして救助者が自分一人しかいなくとも、要救助者をオンロープの状態から脱出させてやらねばなりません。

0008.jpg0050.jpg0061.jpg0124.jpg0150.jpg0152.jpg0179.jpg0197.jpg0223.jpg

消防など公的救助機関の方々が来てくれるところまでは、ロープユーザー自らが要救助者を何とか搬出せねばなりません。

SRTを使用するということは、もしロープ上で事故にあった場合は、エキスパートのロープユーザーでしか救助できない場所に身を置くということです。

だからこそすべてのロープユーザーの方々に是非ともオンロープレスキューの技術を身に着けていただきたいと考えています。

0238.jpg0240.jpg0244.jpg0379.jpg0389.jpg

最後に空中を斜めに移動・搬送する技術も身に着けていただきました。

0402.jpg0411.jpg0417.jpg0419.jpg0422.jpg0432.jpg0438.jpg0475.jpg0479.jpg0482.jpg0511.jpg0547.jpg0564.jpg

お仕事のご安全をお祈りしております。
2015/11/20 14:29 Update

オンロープレスキュー訓練 パート? その2

(株)きぃすとんさんとのオンロープレスキュー合同訓練の続きです。

一人で要救助者を連れて登らないといけない場合にはマオシステムで頑張って登ります。

救助者はきぃすとんさん一の軽量クライマーHくんです。

あっさり離陸、少しづつですが確実に登っていきます。

0230.JPG0238.JPG0243.JPG

橋梁の底面など、ボルトトラバース中の要救助者もなんとか救出しなくてはなりません。

0263.JPG0271.JPG

フォールアレストハーネスには背中にもアタッチメントポイントがついています。

楽そうに見えませが、結構食い込むみたいです。

0279.JPG0283.JPG

要救助者から見ると、救助者はなんて頼もしくてかっこよく見えることでしょう。

0291.JPG0298.JPG0300.JPG

一人でリギングするとなんてことはないディビエーションも、ローファリング(吊りおろし)ラインに設置するときにはブーストを組み込んで持ち上げてやらねばなりません。

0312.JPG0313.JPG0318.JPG

最後には引き上げと水平移動を組み合わせたモバイルラージVやモバイルプーリーシステムを組んでみます。

0331.JPG0334.JPG0345.JPG0361.JPG0372.JPG0390.JPG0401.JPG0414.JPG

いいお天気の充実した訓練でした。

0424.JPG0431.JPG0435.JPG
2015/11/20 14:29 Update

オンロープレスキュー訓練 パート?

再び (株)きぃすとんさんと合同のレスキュー訓練でした。

いい天気でした。

0006.JPG0012.JPG

ピッチヘッドからロープを切って降ろします。

人がぶら下ったロープを切るのは、何回やっても緊張します。

しかし、絶対に失敗してはいけないこの緊張感を経験しないと、本番では役に立たないと思います。

0019.JPG0021.JPG0027.JPG

次はスパニッシュペンダリウムという技です。

即席のカウンターバランスをかけて、要救助者を引き上げます。

0028.JPG0047.JPG0055.JPG0061.JPG0063.JPG0076.JPG0080.JPG

予備のロープが十分にあれば、ロープを切る方が早く救助できることもあります。

0089.JPG0096.JPG0101.JPG0105.JPG0109.JPG0112.JPG0121.JPG0125.JPG0127.JPG0136.JPG0141.JPG

いろいろ条件を変えて繰り返します。

0163.JPG0168.JPG0192.JPG0201.JPG

一人で通過するならなんてことはないディビエーションも、要救助者と一緒だとこんなに苦労します。

0207.JPG0218.JPG

ちょっと休憩です。

0219.JPG0221.JPG
2015/11/20 14:29 Update

ロープレスキュー訓練

(株)きぃすとんさんとの合同レスキュー訓練2日目です。

レスキューハーネスやストレッチャーの要救助者を、引き上げ、水平移動、吊りおろしなどを複合的に行います。

_283.jpg_264.jpg_276.jpg

ブーストやカウンターウェイトを多用して、チロリアンブリッジやホーリングシステムを組み合わせていきます。

まずは「モバイルラージV」を組んでみます。チロリアンブリッジを展張して、2倍ブーストとなるラージVリグを引き上げシステムとして組み込みます。

_291.jpg_320.jpg_312.jpg_316.jpg

水平移動のためのブレーキラインを組み合わせて運用します。

_334.jpg

引き上げを始めます。

_336.jpg

必ずカウンターウェイトを使用し、高効率プーリーを使います。

過剰なブースト倍率はナンセンスです。

_328.jpg_334.jpg_316.jpg_343.jpg

独立したラインで伴走者が登高し、要救助者の姿勢制御を担当します。

_350.jpg

要救助者がチロリアンまで上がってきたら、水平移動させて、

_355.jpg_358.jpg

ロワーダウンします。

_364.jpg_368.jpg

みんなそれぞれのパートを担います。

パートを変更して何度も組みなおしてみます。

_373.jpg_395.jpg_404.jpg_407.jpg_410.jpg

システムが複雑で面白いので、時々リギングプレート仮面が登場します。

_298.jpg_359.jpg_406.jpg

でも、こんな複雑なシステムにしなくても、半分以下の装備でもっと簡単に同じ動作を作り出せるシステムがあります。

「モバイルプーリーシステム」は昔から洞窟探検の世界ではオーソドックスな方法として普及しています。

システム構築に必要なプーリーは2枚だけ。

_423.jpg
_428.jpg_437.jpg

リギングプレート仮面の出番はありません。

残りの時間でみんなやってみたいロープレスキューを三々五々練習します。

ボルトトラバースを連れて帰るオンロープレスキューやスロープチロリアン等々。

_467.jpg_468.jpg_498.jpg_503.jpg_509.jpg_524.jpg_526.jpg_533.jpg_536.jpg

とっても充実した二日間でした。

_545.jpg
2015/11/20 14:29 Update

オンロープレスキュー訓練

古巣の仲間たちと合同でオンロープレスキュー訓練を行いました。

_02.jpg_03.jpg_12.jpg

オンロープレスキューとは、SRTユーザーが何らかの原因でロープ上から脱出できなくなった場合(落石による意識喪失など)に要救助者をロープ上から脱出させる救助活動のことです。

2人セットで、片方がロープ上で意識を失った要救助者役、もう片方が救助者役として訓練を行います。

意識を失って救助を待つ要救助者からはこんな風に見えます。

_35.jpg

オンロープレスキューには様々な条件がありえます。

救助者がサブロープを持っているか?
そのロープがピッチボトムまで届くのか?
要救助者を引き上げるか吊り下ろすかどちらが早いか?
ピッチヘッドから救出できるのか?
要救助者は登高中だったのか、下降中だったのか?
リビレイやディビエーションの有無などなど・・・・

どうあれ、意識を失って脱力し、上半身が下を向いた体制の要救助者の救命のリミットは15分といわれています。

一刻も早く要救助者の上半身を起こしてやるか、安定した平坦部に安置してあげることが肝心です。

_74.jpg

要救助者にアプローチした救助者は、基本的には要救助者とともに降りていくように操作を行います。

_121.jpg_172.jpg_27.jpg

特に手間がかかるのは、登高中だった要救助者を下降器に架け替える作業です。

サブロープがなかったり、ピッチボトムが結束されていたり、体重差が大きかったりすると一苦労です。

体重のかかったロープを切ることもあります。

_61.jpg

様々な状況の組み合わせを想定して訓練を行います。

_144.jpg_27.jpg_49.jpg_50.jpg

ボルトトラバース上でトラブルが発生しても、なんとか連れて帰らねばなりません。

_195.jpg_214.jpg

オンロープレスキューが終了して、要救助者をロープから脱出させた後、消防の方々に引き継げるなら構いませんが、要救助者を安置した平坦部が垂直部中間のテラスだった場合には、そこからさらに担架を用いてホーリング(引き上げ)やローファリング(吊り下ろし)を行わなくてはなりません。

その訓練の様子は次回。
2015/11/20 14:29 Update
    Home