メッセージ欄

分類 【現地SRTリギング指導】 で検索

一覧で表示する

現地SRTリギング指導

とある歩道橋の点検業務の現場指導に呼んでいただきました。

歩道橋は橋梁点検車が入れないため、ロープアクセスでの点検対象になることが多いようです。

この橋梁、一部吊りピースの間隔が広く、次の支点に手が届きません。

一人でリギングギアを回収しながら前進するノーロープトラバース(NRT)を行う上で、2点確保のルールを守りながらフック前進しなくてはなりません。

ちょっと資材置き場で練習を・・・

00001.jpg000014.jpg000018.jpg000019.jpg

皆さん場数をたくさん踏んでおられるので、少しアドバイスさせてもらうだけで、難なく習得してくださいます!!

さぁーて、本番です。
000021.jpg000025.jpg000028.jpg000029.jpg000037.jpg000043.jpg000058.jpg

お天気のよい気持ちのいい現場でした。
000060.jpg
2017/01/31 17:29 Update

現地SRTリギング指導

東海地方に吊り橋の調査のリギング指導に伺いました。

歩道橋とはいえ橋長160mを超える立派な吊り橋でした。

地元の方が駅や病院に通われるのになくてはならない橋です。

0000105.jpg0000122.jpg0000135.jpg0000159.jpg0000165.jpg0000176.jpg0000179.jpg0000193.jpg000022.jpg0000222.jpg00003.jpg000037.jpg000043.jpg000052.jpg000065.jpg000075.jpg000085.jpg000096.jpg

橋を通る子供たちが、必ず「こんにちは」とご挨拶してくれます。

とても気持ちのよい現場でした。

0000227.jpg
2017/01/20 10:54 Update

現地SRTリギング指導

河口にかかるポステンT桁橋の調査に、現場ロープ指導で呼んでいただきました。

なるべくアンカーを打たずに調査を行う方針でしたので、必殺技を使ってみました。

ロープテクニックだけにこだわらず、思いつくものはなんでもハイブリットにして取り入れます。

万一新素材が破断しても、ロープが安全装置となって確保してくれるように構築します。

一径間20mのポステン橋、15分で橋軸方向に渡ることができました!!

大成功!!!

00001.jpg0000120.jpg0000138.jpg0000150.jpg0000182.jpg0000215.jpg0000231.jpg0000242.jpg000026.jpg000053.jpg000056.jpg000062.jpg000072.jpg000079.jpg000086.jpg000099.jpg
みなさん、おつかれさまでした。
0000253.jpg
2016/12/28 20:05 Update

現地SRTリギング指導

山奥のトラス橋のリギング指導に伺いました。

トラス橋はあらゆるところにフックが使えるので、ロープアクセス的にはとてもやりやすいです。
000012.jpg

フックを使うのでみんな佐々木小次郎みたいになっています。
000035.jpg

さぁー、ゴリゴリやりましょう。
00001.jpg000019.jpg000028.jpg00004.jpg00005.jpg00006.jpg000063.jpg000068.jpg000072.jpg

お一人、元陸上自衛官の方がいらっしゃいました。

現役当時の服装で業務をしておられ、ふと迷彩服の胸を見ると、ダイヤモンドとパラシュートのマークが・・・・

ををーーーー!!!

レンジャー、あーんど空挺団!!

精鋭中の精鋭の印、初めて見ました!!

お国の宝です。

こんな方に指導させていただけるのは、なんと誇らしいことでした。
000057.jpg
2016/12/16 18:41 Update

現地SRTリギング指導

橋梁調査の現場でのロープ指導に呼んでいただきました。

一般的な鋼橋でしたので、スカーラップや吊りピースなど支点が豊富にあるため、いろいろなパターンでのロープアクセスを指導させていただきました。
00001.jpg000010.jpg000016.jpg000027.jpg000036.jpg000040.jpg000045.jpg000063.jpg000073.jpg000085.jpg

私はもともと洞窟探検をしていたので、橋台にできた立派な鍾乳石にちょっとトキメキました。
00004.jpg00005.jpg

横桁を橋軸方向に通過したり、装備を自己回収しながらトラバースする方法など、現場で必ず必要になる上位技術を学んでいただきました。

おつかれさまでした。

お仕事のご安全をお祈りしております。

0000100.jpg000099.jpg
2016/11/14 10:12 Update
    Home