メッセージ欄

分類 【出張SRT講習 橋梁アドバンス編】 で検索

一覧で表示する

出張SRT講習 橋梁アドバンス編

北海道に出張講習に伺いました。

数年前から継続的に手ほどきさせてもらっていて、今回は、ホイスト編と実地研修を集中して指導させていただきました。

まずはさらっと思い出しを。
004.jpg005.jpg006.jpg008.jpg014.jpg022.jpg028.jpg036.jpg054.jpg

重量物(要救助者)を引き上げたり、吊り下ろしたり、水平移動させたり・・・のロープテクニックをホイスト編として手ほどきさせていただきます。

コンクリートブロックで80Kgの錘をを作ります。
063.jpg075.jpg095.jpg115.jpg119.jpg125.jpg131.jpg143.jpg184.jpg200.jpg

さてさて、通い慣れたいつもの鈑桁橋です。

地覆のVリグトラバースやフックをおさらい。
463.jpg465.jpg473.jpg480.jpg491.jpg492.jpg499.jpg503.jpg507.jpg508.jpg

今回はH型、I型、T型鋼に使用できるビームスライダーをご紹介できました。

これが使える橋だと、移動速度が格段に違います。

また、ラテラルがL型鋼の場合には、ラテラルスリングで前進していきます。
512.jpg514.jpg519.jpg524.jpg783.jpg787.jpg789.jpg803.jpg817.jpg827.jpg832.jpg

さてさて、今回のメインイベント!!PC箱桁です。

40mのハイピアもセットになっています!

まずはセルフチロリアンで桁下面にアクセス!

桁下に入る際、今回はNEO-SRTを使用しているので、万が一メインアタッチメントや下降器が破断しても大丈夫です!
529.jpg532.jpg539.jpg541.jpg549.jpg552.jpg568.jpg581.jpg588.jpg593.jpg595.jpg598.jpg611.jpg630.jpg634.jpg663.jpg671.jpg683.jpg689.jpg692.jpg695.jpg697.jpg

そして、クライマックスが谷底まで40mの下降。

ロープの操作は高くても低くても同じなのですが、高さがあるとどうしても緊張感が出てきます。
701.jpg708.jpg716.jpg722.jpg729.jpg742.jpg746.jpg765.jpg779.jpg781.jpg

みなさん。よく頑張られました!!

これからも、どうぞご安全にお仕事くださいませ。
2018/06/29 1:55 Update