メッセージ欄

分類 【洞窟】 で検索

一覧で表示する

洞窟王

古い友人が遊びに来てくれました。

彼が「洞窟王」と呼ばれる前からのお付き合いです。

P4250206.jpg

日本ケイビング連盟代表の吉田勝次さんです。

いろんなテレビ番組に出演されて、いまや日本でもっとも有名な洞窟探検家です。

http://www.caving.jp/

私が皆さんに手ほどきさせてもらっているシングルロープテクニックは、もとはといえば洞窟探検の技術です。

私のところの技術は、産業用に応用したSRTですが、洞窟探検という極限の環境では搬入できるギアが限られているので、プリミティブな技術が脈々と息づいています。

今回は、うちで開発したオンロープレスキュー技術を吉田さんに体験してもらってご意見をいただきました。

P4250208.jpgP4250211.jpgP4250213.jpgP4250218.jpgP4250219.jpgP4250223.jpg

吉田さんの洞窟海外遠征のえげつない話をたくさん聞いて、久しぶりに現役で洞窟探検してた時のことをつらつらと思いだしました(笑)。

P4250224.jpg

吉田さん、youtubeをちゃんと始めたんだそうです。

見てあげてください。

https://www.youtube.com/channel/UCewgYIPJBgApevHdwzDFNSQ
2021/05/01 17:55 Update

洞窟調査

日本を代表する大洞窟の調査のお手伝いをさせていただきました。

最近、洞窟の天井部に大規模な新空洞が発見され、測量の結果、隣の洞窟と約20mまで近づいていることがわかりました。

今回は隣の洞窟から大洞窟に向けてアタックしていきます。

まずは隣接する洞窟のMM穴へ降りていきます。こちらも深さ100m以上の立派な竪穴です。
001.jpg003.jpg005.jpg

MM穴の最深部で煙追跡調査を行い、空気の流れを観察します。

発煙筒を焚きます。
007.jpg010.jpg

あいにく洞窟内の空気はほとんど停滞していて、煙の流れを観察する前に視界がなくなってしまいました。
008.jpg

視界が30冂度となり、ちょっとした暗夜行路でした。(汗)

何とか無事に戻ってきました。
011.jpg012.jpg013.jpg

残念ながら今回はAY洞との接続とはなりませんでしたが、つながっていることは確実だと思われます。楽しみです!

友人の洞窟秘密基地に泊めていただきました!
014.jpg
2019/09/01 15:28 Update

洞窟

久しぶりに洞窟に行ってまいりました。
re.jpg
2018/08/25 23:03 Update

SRT竪穴現地指導

今回は少し珍しいお仕事でした。

洞窟探検を嗜まれるご夫婦に手ほどきさせていただきました。

竪穴の探検にSRTを用いられるということで、まずは基礎的な動作から確認させていただきました。

お二人ともSRTでの竪穴探検のご経験がおありだったので、講習はどんどこ進みました。

000100.jpg000112.jpg000119.jpg00068.jpg00082.jpg

日を改めて、私が学生時代によく入っていた竪穴にお連れしました。

洞口はゴルジュ状の谷底にあり、谷底に降りるのにもロープを使います。
0001.jpg00014.jpg00025.jpg00029.jpg00040.jpg

さぁーて入洞です!!

リギングしていただきました。
000147.jpg000167.jpg
000163.jpg
000153.jpg000170.jpg00045.jpg00067.jpg

この洞窟の一番の魅力が、落差30mの洞内瀧です。

下降ラインと瀧は少し離れているので、滝を横目に見ながら楽しい探検です。
00078.jpg00092.jpg00098.jpg000117.jpg000270.jpg

エレガントなリギングでした。

お見事でした!
2017/11/06 17:08 Update

縦穴探検 with 息子in 岐阜

古い洞窟友達からお誘いをいただいて、岐阜の深ーい縦穴を探検に行くことになりました。

実は小学校6年生の息子には数年前からSRTを教えていて、一緒に滝を降りたりしていたのですが、縦穴は降りたことがないので、連れていくことにしました。

息子、最近はロープよりDSを触ることの方が多かったので(笑)、ちょっとおさらいを。
000020.jpg000027.jpg

探検する予定の「Mコミの縦穴」は10ピッチ、-195mの大洞窟です。

特にそれぞれのピッチヘッドが、完璧なアルパインスタイルでリギングされていて、アルパインSRTに不慣れな人は大人でも泣きが入ります。

それを想定して、「空中クラシカルYビレイ3連発」や、「バカほど遠いリビレイ・ディビエーション」を繰り返し練習します。
000037.jpg00004.jpg000056.jpg00008.jpg

さぁーて、いよいよ探検前日、現場乗り込み、近くでキャンプです。
000067.jpg000065.jpg000069.jpg

夜が明けたら山を登って、洞口までアプローチです。
000074.jpg000079.jpg000082.jpg

洞口はドリーネの底にあるのですが、今回は泥で埋まっていました。

まずは入り口を掘り当てなくては・・・・・
000085.jpg

やっと通れるだけの通路が確保できました。

さぁー、入洞です。
000090.jpg

最初は狭ーーーーい横穴が続きます。

大人がハーネスを履いていたら、ありとあらゆるものが引っ掛かります。

が、子供はスイスイやってきます。
000093.jpg

狭い横穴を通過すると、いよいよ縦穴の始まりです。

最初は狭くて短いピッチが続きますが、降りるにしたがって、空間が大きくなりピッチも深くなります。
0000109.jpg0000112.jpg0000113.jpg0000119.jpg0000133.jpg0000137.jpg0000149.jpg0000162.jpg

第8テラスでおひるごはん。
0000171.jpg

まだ続きます。

第9テラスあたりで、息子は「これ、登らんと帰られへんのやんな・・・・・」と、当たり前のことをボソッとつぶやきました(笑)。

降りても降りても終わらない縦穴の底深さに、じんわりとした不安が宿ったようです。

でもあと1ピッチ!

最深部に到着しましたーーー!!!
0000191.jpg0000192.jpg

さぁーて、ここまで来てしまったからには、泣こうが喚こうが、200mを登らないと生きて帰れません。

普段は引っ込み思案の息子の目に、覚悟が決まったように見えました。

登る登る登る登る・・・・・
0000193.jpg0000196.jpg0000207.jpg0000212.jpg

3時間かけて10ピッチを登り切りました。

出洞ーーーー!!
0000214.jpg0000215.jpg

みんな次々に出洞します。
0000224.jpg

1000入洞、1700出洞の7時間活動でした。

入り口に泥が詰まらないように整備して帰ります。
0000226.jpg

今回、私のわがままで、息子の同行を許してくださり、サポートくださったお三方、ありがとうございました。

息子にとっては一生の経験になりました。

「小学6年生で、初めての縦穴が-195mのMコミの縦穴」っていう立派な勲章をあげることができました。

本当にありがとうございました。

夜ご飯はカレーライスでした。
0000228.jpg
2016/06/14 13:21 Update
 Home