メッセージ欄

分類 【SRT講習 法面編】 で検索

一覧で表示する

SRT講習 法面編

鳥取県から講習においでいただきました!

弊社創業当時からおつきあいいただいている会社様からお三人おいでいただきました。

まずは訓練塔で基礎講習をさせていただきます。
001.jpg006.jpg011.jpg012.jpg016.jpg022.jpg040.jpg

現場実習は鳥取に伺って指導させていただきました。
050.jpg054.jpg055.jpg064.jpg067.jpg085.jpg087.jpg091.jpg095.jpg100.jpg108.jpg112.jpg116.jpg

皆さん、お見事にご収得くださいました!

お仕事のご安全をお祈りしております。
2018/08/25 22:35 Update

SRT講習 法面編

中国地方から講習においでいただきました。

弊社起業当初においでいただいて、長くお付き合いさせていただいている会社様のスタッフさんでした。

橋梁点検もさることながら、法面点検の業務がたくさん発注されているとのことで、今回のお二人には法面を対象にしたSRTを手ほどきさせていただきました。

基礎的な講習は共通していますので、訓練塔で一般的な動作から身に付けていただきます。
0001.jpg00010.jpg00014.jpg0002.jpg00020.jpg00024.jpg00027.jpg00031.jpg00043.jpg00049.jpg00053.jpg0006.jpg00063.jpg00068.jpg

法面でのSRTでいちばん厄介なのが、中間セットが作れないことです。

ロープが岩角に擦れる個所では、必ず3種類の中間セットのどれか、もしくは複合で対応しなくてはなりません。

中間セットを作るためには基本的には擦れ個所付近の支点が必要になります。

ところが吹付け法面では、中間支点となる木がなく、小段で必ずロープが擦れるという厄介な状況がそろっています。

しかたないので、オンローププロテクターというテクニックで対応するのですが、これはロープから体重を抜くと必ずプロテクターがずれてしまうという恐ろしいことになってしまいます。

プロテクターのズレの予測やずれさせない工夫について念入りに実習させいていただきました。
00069.jpg00070.jpg00071.jpg000106.jpg000110.jpg00072.jpg00076.jpg00079.jpg00083.jpg00089.jpg00096.jpg

どうぞご安全にお仕事くださいませ。
2017/05/21 7:09 Update