スタンダードSRT講習

遠く信州から講習にお越しいただきました。

橋梁点検にSRTをお使いになるとのことでした。

Sample-80.jpgSample-82.jpgSample-9.jpg

橋脚面には垂直の昇り降りでアプローチできます。

Sample-165.jpgSample-171.jpgSample-177.jpgSample-197.jpgSample-207.jpgSample-211.jpgSample-3.jpg

さらに橋梁の底面にアプローチするには、天井面を渡っていくトラバースの技術が必要です。

Sample-52.jpgSample-77.jpgSample-97.jpg

お一人での受講でしたので実習時間が十分に確保でき、細かな現場でのテクニックもお伝えできました。

実習も順調に履修いただきました。

指導させていただいた方々が順調に技術を身に付けていただいていることを感じる時が何よりうれしい瞬間です。

Sample-239.jpgSample-248.jpgSample-250.jpgSample-254.jpgSample-257.jpgSample-260.jpgSample-278.jpgSample-326.jpgSample-331.jpgSample-352.jpgSample-366.jpgSample-402.jpg

また、SRTを使用する作業は、一般的には高所作業車や橋梁点検車が届かない場所が対象となります。

したがって、もしSRTユーザーがロープ上で事故にあった場合には、オンロープレスキューの技術を持ったロープユーザーでなければ救助ができません。

SRTを使用するということは、一般的な救助機関では救助できない場所に身を置くということです。

SRTを使ってお仕事される場合には、是非オンロープレスキューの技術も身に付けていただきたいと思います。

0036.JPG0121.JPG0167.JPGreDSC02438.jpgreDSC02446.jpgreDSC02457.jpgreDSC02589.jpgreかっこいい山口くん.jpg

ご活躍とご安全をお祈りしております。
2015/11/20 14:29 Update
 « Previous   Home   Next »