化石掘り

せっかく呼んでいただいた北海道。

夏休みをくっつけました。

札幌からはるか北の天塩山地の山の中に、白亜紀のアンモナイトの化石がたくさん眠っています。

息子を呼んで、一緒に化石掘りに行ってきました。

000097.jpg

蚊、ブヨ、アブ、ヌカカ、たくさんの吸血虫にたかられてもへこたれません。

0000125.jpg

穏やかに流れるエゾの沢を満喫しながら遡行します。

0000154.jpg0000159.jpg000077.jpg

でも、こんな足跡がペタペタついているので、少しビビりつつ・・・・

000075.jpg

でもでも、その奥には恐竜時代の貝が石の中に封印されています。

いっくぞーー!

0000161.jpg0000166.jpg

今年は大きなアンモがいっぱい採れました。

20僂發△襯罐Ε僖ディスカス、18僂離櫂螢廛船灰札薀后棘のあるポリプチコセラス(シュードオキシベロセラス?)、20僂離魯Ε┘螢札薀垢癲
0000146.jpg0000153.jpg000039.jpg0000138.jpg

これは何だ?

スカラライテスにしては中央の巻きがないし、ハイファントセラスヘテロモルファムにしては巻きの径が大きすぎる???
000028.jpg
図鑑を見ると、パラゾレノセラスってのがいちばん近そう??

中でもうれしかったのは、虹色に輝くネオプゾシア!!(今はヨコヤマオセラスに分類?)直径15僂両さなノジュールいっぱいいっぱいに保存されていました。
0000113.jpg0000116.jpg0000109.jpg0000110.jpg0000112.jpg

ついでに一昨年持って帰ってきたノジュールからすんごいのが出ました。

4回巻きのユーボストリコセラス!!
000052.jpg

大漁でした!!
0000265.jpg0000275.jpg000048.jpg
2016/09/17 10:45 Update
 « Previous   Home   Next »