スタンダードSRT講習

遠く静岡から受講に来ていただきました。

私と同い年の社長さんとお若い職人さんのお二人でした。

ご本業は塗装業とのことでしたが、調査や点検にロープ技術を採用されているとのことでした。

既にロープ作業のご経験と実績をお持ちとのことで、講習の進捗がいつになく早かったです。

いつも通りの訓練塔の実習は手早くサクサクとはかどります。

0010.JPG0013.JPG0015.JPG0043.JPG0065.JPG0068.JPG0078.JPG0083.JPG0088.JPG0101.JPG0104.JPG0108.JPG

早くも基本動作を終えて、いざリギングへ。
0115.JPG0118.JPG0121.JPG0144.JPG0155.JPG0169.JPG

えぇっ!

もう野外実習?

お若い職人さん方は、SRTは未経験とのことでしたが、体のバランスがいいのと、行動原理をきちんと整理して理解しておられるようで、メキメキと上達されました。

0193.JPG0199.JPG0203.JPG0208.JPG0212.JPG

橋梁底面ではいろんな応用テクニックが必要となります。

うまくやると、楽に、早く、安全にいろんなところにアプローチできるようになります。

0227.JPG0230.JPG0232.JPG0236.JPG0259.JPG0264.JPG0378.JPG

せっかくよく進んだ講習なので、さらにアドバンスのテクニックを持って帰ってもらいます。

スロープチロリアンという斜め移動のテクニックです。

最初は訓練塔で予行演習を

0395.JPG0401.JPG0409.JPG

山奥の堰堤で本番です。

まずは基本動作のおさらいを。
0434.JPG
0435.JPG0462.JPG0482.JPG0494.JPG

ロープをピンと張る展張力とぶら下がる人の数倍のチロリアン荷重が生じるため、アンカーは堅牢なものでなくてはなりません。

運用支点と後方支点をあらかじめ張力を持たせて結束しておく、プレテンションバックタイという方法で支点を構築します。

0529.JPG0570.JPG0578.JPG

スロープチロリアン、ビシッと決まりました。

0534.JPG0536.JPG0547.JPG0553.JPG0554.JPG0566.JPG0568.JPG0573.JPG0617.JPG

おつかれさまでした。

0639.JPG

お仕事のご安全をお祈りしております。
2015/11/20 14:29 Update
 « Previous   Home   Next »